洗面所の流し台のつまりの原因は砂や土埃ですが、排水溝の中はヘドロで誰にも見せたくない悩み

洗面所に設置されている流し台の排水は意外と溝が細く、キッチンのシンクに比べても少量ずつしか流れていかないですよね。

そして、髪の毛や子供が手を洗う際に落ちた砂などの汚れはすぐにつまりに原因になっています。さらに流し台の扉を開けて下から覗き込み、排水口のお掃除をする必要があるのですが、これが本当に面倒な作業です。一年発起していざと、手袋にマスク、汚れてもいい格好で望むのですが、ドロドロになりました。

ここまで汚いつまりなら、業者に依頼することさえはばかられるかもしれないという感想です。自分のものなら何とか我慢ができる作業と感じます。

ここでも、科学物質のお薬を排水周りに投入してから水を注いでいきます。その後に排水管を取り外して、つまりがある部分を歯ブラシでグリグリと覗いていくのです。
汚れはヘドロのようになっていました。砂や石鹸を流すとすぐに詰まってしまうので汚れのひどい時はお風呂場で洗わせています。

業者に依頼しても恥ずかしくてなかなか勇気が出ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です