郵便局窓口

部屋の片づけをしていた時、何年か前の古い切手がたくさん出てきました。
料金が変更になる前の切手です。懸賞ように買い置きしておいたものでした。
使うことも考えましたが、足りない金額分を追加して何枚も切手を貼るというのは、もらった側にとってあまり気持ちのいいものではないと思っています。
いかにも家に眠っていた切手を使いきろうとしているようではないでしょうか。
わたしはそのような考えからどうしても使うことに抵抗があり、郵便局で換金してもらえないか相談してみたことがあります。
窓口では「換金はできないが他の切手やはがきと交換ができますよ」と勧められました。
切手やはがき1枚につき5円の手数料がかかってしまいますが、どの組み合わせで交換したら追加金が発生しないかを一生懸命計算してくれました。
「懸賞でも使えるので切手が多くなるように替えましょうか」と提案もしていただき、交換してくれるだけでもありがたいというのに、その心遣いにとても感激でした。
古い切手を眠らせたり無視して使うくらいなら、現代の価格の切手に復活させるのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です